ヒストリー➁の補足



ヒストリー➁を先ほど公開したら、

なんだか心配の声なども頂いたので、


ちょっと補足的に更新です。




現状として、
当時の事を思い出すと疲れるというのは、
たぶん記憶が曖昧だからなのと、
どう表現したら、皆さんに伝わるかとか
色々考えると疲れるという感情です。


そして、エピソード➁に関して、
結構ドライな感じで、ただ出来事を書いただけに
なったので、少し私の感情を書きますと、

当時の感情は、覚えていない事のほうが多いのですが、

どうしたらそうならなかったのかな?
と考えることが多いかな。


でも、確実にこの出来事で、私は強くなりましたね。

退院させてもらった時、薬経ちをした時、
自分の中では初めて誰の何も気にせず
自分の意思をただ通した瞬間だったように思います。


物心ついてからそれまでは、何かを決める時、ほぼ全部と言っていいほど、
自分の意見を言っているつもりでも誰かの目線、視線が気になって
誰かの望む答えを自分で作って、そうしていた気がする。


今となればそうすることにしていたのも自分なんだと思うけど。


バレーを始めた事も、越境する事にした事も、高校を決めたのも、
躁鬱になったことさえも…



まだこのエピソードは続くのでこれがあったから『おせっかいのいえ』を作ったのかなんかの話は、
まだ先になるかとは思いますが、




とりあえず、過去は過去!
振り返っても戻れるわけではない。
戻るんじゃなくて、その時の記憶を整理して、
辛かった私かわいそうで終わらないために、
過去がないと今の私は存在しない。



と今のとがわみさきは思ってますよ♡