「おせっかいのいえ どりーむず・まま」とは

service

「おせっかいのいえ」と「どりーむず・まま」の由来

みんなの集会所「おっせかいのいえ」

kasou_2columnbanner_osekkainoie

子供が小さいとゆっくりお風呂入れないですよね?
お風呂に入っている間、お子さんと遊んでいるので、ゆっくり髪の毛洗って、半身浴したりしませんか?
なんて、ちょっと「おせっかい」だけど実用的に助かることをしたい。
したい事を色々書き出していったら、「それは全部おせっかいやな!」となったのでコミュニティスペース「おせっかいのいえ」が誕生しました。

市民グループ「どりーむず・まま」

kasou_2columnbanner_dreamsmama

ママだって夢を叶えたっていいじゃない。
ママだって夢を語ったっていいじゃない。
ママになっても夢を見つけよう。
ママ達に夢を見つけてもらう場づくりをしたい。

そんな想いから
ママ達の新たなチャレンジができる場所、情報交換や気分転換ができる場所として
「どりーむず・まま」と名前をつけました。

なぜ「おせっかいのいえ」を開こうと思ったのか

私は一人目の長男を出産した当時、 最近よく耳にする『ワンオペ育児』をしていました。 主人は帰りが遅く、休みも少なく、実家も遠い。頼れる友達もいない。

そんな状態で、初めて育児ノイローゼになっていました。

長男は決して育てにくい子供でもなく、むしろ夜は割と寝てくれるし、お乳もミルクもしっかり飲めたし、離乳食もよく食べ、我が子ながらとてもかしこかったと思います。

それでもノイローゼになった原因を今考えると、ほぼ毎日24時間子供と家にこもるしかない生活だったからではないかな?と今では思います。

kasou_1columnbanner2
kasou_2columnbanner

私がそんな生活から抜け出せたきっかけは、ママ友でした。

外に出るきっかけができたこと、子供以外と喋る時間ができたこと。不安を話せる場所。
自分だけが不安なわけじゃない事を知ること。
地域の情報を知れる場所。

その全てがママ友を作ったことでできました。
そして、自分や家族以外に子供の成長を喜んでくれたり、心配してくれる人がいる心強さを知りました。

kasou_1columnbanner3

わたし自信が今こうして、夢を実現していることで、子育て中のママ達の進む力になります。

近くにいる人たちが困ったとき自分が出来る事を全力でしたいです。
近くにいる人とは、別所近所に住んでいる人、そして、今これを読んでくださっているあなたです。

「おせっかいのいえ どりーむず・まま」のご案内

施設名
おせっかいのいえ どりーむず・まま
所在地
〒671-0221 兵庫県姫路市別所町別所1620-7
電話番号
050-5318-0648
代表者
十川 末咲(とがわ みさき)
E-mail
dreamsmamahouse0801@gmail.com
主な活動内容
◆お子様の一時預かり

◆学童「ほうかごのいえ」
-小学生のお子様向けの宿題カフェ

◆レンタルスペース

◆ママの交流会
-お下がり&とがわみさきと話そう交流会
-他県出身妻の会
etc..

◆各種イベント
-おせっかいマルシェ(隔月17日開催!)
-ロゼット作り交流会
etc..

・教室(そろばん・習字など) ※不定期開催
scroll-to-top